掘り起こした冥加(みょうが)の地下茎を植えました。

裏庭に植えてあったミョウガ

前回、裏庭に植えていたミョウガを

掘り起こしたというお話をしました。

今回はその続きです。

 

こちらが、掘り起こしたミョウガの地下茎、

カゴ二つ分。想定外に大量でした。

木の根元のサークルに植える

さて、このミョウガたちの移植先ですが、

先日作った家庭果樹園の根元のサークルです。

少し掘って、地下茎を入れて埋め戻します。

5cmぐらい土をかぶせるイメージ。

そのあとに、腐葉土をまいて、

さらに庭に落ちていた枯れ葉をたっぷり入れて、

水をかけたらできあがり。

1カゴ分で、3つのサークルに植えられました。

でも、まだ1カゴ余っています。

花壇を増設

そこで、急遽花壇を増設しす。

花壇じゃなくて、菜壇ですが。

 

以前紹介した、ウェーブエッジ。

使いやすくてとっても気に入ったので、

追加購入してありました。ナイス私。

これを使います。

畑のすみに日陰になりやすい三角地帯があります。

竜のひげが大量繁殖しているのですが、

 

その手前を掘り起こして、

ウェーブエッジを埋め込みました。

カゴ一つ分のミョウガを置きます。

かなり密な気もしますが、まあ大丈夫でしょう。

 

土を5cmぐらいかけて、

枯れ葉を敷いて水をかけて出来上がり。

来年はたくさんミョウガが採れますように。

本日のつぶやき

切り戻したインパチェンスが咲き始めました。

切り戻したときはどうなるかと思ったのですが、

大成功ですね。

 

このインパチェンスを切り戻してからの様子は、

↓こちらの記事でもチラチラっと紹介していました。


ツイッターでブログ更新情報を配信中!無言フォローどうぞ♪


comfortable life - 心地よい暮らしのために - にほんブログ村

旅行はいつも楽天トラベルで予約してます。

ポイント大量ゲット!

記事の内容で質問ありましたら、この下のコメント欄からお気軽にどうぞ。

Twitterでフォローしよう