洗濯機の水漏れ、怖いですよね。

特に、洗濯パンを付けていないお宅は。

無垢床なのに洗濯パンを付けなかったって、

前回のWeb内覧会でお話しました。

 

今回は、その恐れていた水漏れが起こったお話です。

何が起こったのか

ある日、床に水があるのに気が付きました。

洗濯機の側面の下の方から滲み出てきた感じ。

このあたりですね。

なんでだろうと思って、洗濯機の下を開けたんです。

すると、洗濯機の下のプラスチックの部分があるんですけど、

ここは強化するためか複雑な形になっているんです。

そこに水が溜まっていました。

そして、洗濯機のドラムを動かす

たびに上から水が落ちてくるんです。

原因を突き止めよう

最初、洗濯中(ドラムに水が溜まっているとき)に

漏れてきているんだと思ったんです。

 

修理に出そうかと思ったんですが、

7年前に購入した洗濯機なので

延長した保証期間も過ぎていているんです。

お金を出して直してもまた壊れそうだし、

これは、買いなおした方がいいかと

新しい洗濯機を物色していたんです。

 

その間も、自力で何とかできないかと

いろいろと調べていました。

 

洗濯機自体も調べましたが、

ネットで洗濯機の型番で検索して

同じ事例がないかとかも調べたんです。

 

でも、ありませんでした。

 

私の洗濯機の品番は、NA-VX7200L

Panasonic(パナソニック)ドラム式電気洗濯乾燥機 です。

 

同じ現象にお困りの方がこのページに

たどり着けるように書いておきますね。

水漏れの前兆

解決策はないかと考えているときに、

ふと思い出しました。

水漏れの前兆があったんです。

 

こちら、乾燥フィルターです。

乾燥させているときになぜか、

水滴が付くようになったんです。

 

そして、しばらくすると

乾燥フィルターがある部屋の底に

水がたまるようになりました。

なんでだろうと思っていたのですが、

洗濯機が古くなったからかなとか

スルーしていました。

水漏れの原因

水漏れしたときには洗濯時に水漏れしていると思って、

洗濯しているときに洗濯機を観察していたんです。

 

でも、乾燥フィルター近くが

濡れていたことを思い出してからは、

乾燥時に水漏れしているのかもしれないと思って、

乾燥しているときに洗濯機を観察したんです。

 

結果、大正解!水漏れの原因を突き止めました。

 

乾燥フィルターの部屋のフィルター奥に

ヒートポンプのフィンがあります。

(上にあるネジを2本外すとフィルターが外れます)

実は、ここ、乾燥をする直前に

毎回上から水を10回ぐらい流して

自動で掃除してくれているんです。

 

で、水は下に流れて

プラスチックの出っ張りが並んでいるところを

写真右奥に流れて行き、排水されます。

その小さな小さな排水溝が詰まっていました。

なので、乾燥の直前に水があふれていたんです。

 

6年も毎日乾燥機をかけていると、

かなりホコリが詰まるんですね。

 

ちなみに、取扱説明書には、

このヒートポンプフィン近くの

掃除については記載されていません。

 

ここを掃除したら水漏れはなくなりました。

 

同じタイプの洗濯機を持っている方、

ここも定期的に掃除した方がいいですよ!

そのとき、無垢床は

さて、洗濯機が置いてあるのは、

ヒノキの無垢床です。

 

こうなりました。

水染みですね。

カビたりはしていないみたいで、一安心。

このくらいの染みは、

ヒノキ無垢床を採用するときに

覚悟していたので想定内です。

まとめ

今回は、水漏れを自力で見事に解決したお話でした。

 

洗濯乾燥機(ドラム式)は実は今の物で三代目なのですが、

どれも乾燥機能にトラブルが多い印象です。

 

保証期間を延長できる場合は

出来るだけ延長しておいたほうががいいですね。

 

次回は、洗濯機周りの収納についてお話します。

本日のつぶやき

メリークリスマス!

 

玄関の飾り棚、クリスマス仕様です。

この列車、ペーパークラフトなんですよ、

 

キヤノンの公式サイトから無料でダウンロードできるので、

Creative Park

印刷して、私が少しずつ作りました。

昨日のクリルマスパーティーでも飾りましたよ。

間に合ってよかったです。

 

ペーパークラフトを作るのに、

プリンターでたくさん印刷したので、

インクを追加注文しました。

 

いつも、こちら↓のショップで互換インクを買っています。

 


旅行はいつも楽天トラベルで予約してます。

ポイント大量ゲット!

ツイッターでブログ更新情報を配信中!無言フォローどうぞ♪


記事の内容で質問ありましたら、この下のコメント欄からお気軽にどうぞ。