更新情報を配信中!無言フォローどうぞ♪


なんと、5種類の口に対応しています!

自転車の空気を入れる口って、仏式 米式 英式の3種類あるらしいです。初めて知りました。

そして、その全部に対応していて、おまけにボールや浮き輪にも対応してます。

【ごっつプラス】さんで販売しているGORIX(ゴリックス)GX-33Pです。

空気圧もわかります。

ホースをハンドルにかけると持ち運びに便利です。

付属のアダプターを使うには、

ぐぐっと差し込んで、

レバー(写真の右端のグレーの部分)を上まで引き上げます。

息子の自転車に空気を入れてみました。何式かわからなかったのですが、差してみたら英式のようです。後で調べてみたら日本のほとんどの自転車は英式らしいですね。

ボールと浮き輪用のアダプターは袋に入って、本体にひもでくっついています。このままの状態で出し入れできるので、取り外さない方がなくさなくていいですね。

浮き輪用のアダプターを装着してみました。

直径25cmぐらいのビーチボールに、17プッシュぐらいで空気がパンパンにはいりました。

詳しい使い方は販売サイトをみてくださいね。



ツイッターでブログ更新情報を配信中!無言フォローどうぞ♪


記事の内容で質問ありましたら、この下のコメント欄からお気軽にどうぞ。

こちらの記事も読まれています