今月をいつも上に表示できる2ヶ月カレンダー、

もう何年もこのタイプのカレンダーを使っています。

高橋書店のカレンダー

いままでは、高橋書店さんのカレンダーを使っていました。

エコカレンダー壁掛(E75)です。

1ヶ月分がB4サイズで、2ヶ月分でB3のもの。

 

初めてこのカレンダーに出会った時、

現在の月をいつも上に表示できるなんて画期的!

って感動しました。

 

↓詳しくは以前の記事をご覧ください。

 

これを、洗面所にあるマグネットウォールに

ひっかけています。

 

このカレンダーはとっても便利で

特に不満はないのですが、

 

他のメーカーからも同じようなものが同じ値段で

出ているようなので来年用(2021年用)は

試しにそちらを購入してみました。

永岡書店カレンダー

購入したのは、永岡書店さんの

ダブルリング式2ヵ月シンプルカレンダー(K13)です。

こちらも、1ヶ月分がB4サイズで、2ヶ月分でB3のもの。

(サイズ違いがあるので注意してください。)

 

このカレンダーも、高橋書店と同じ方式で、

今月が1月の時は1月を上に2月を下に。

2月になったら、2月が上に3月を下にできます。

見やすくてとっても便利です。

違い

この二つのカレンダー、かなり似ています。

写真の左が「高橋」、右が「永岡」。

(注)高橋は2020年、永岡は2021年のカレンダーを比べています。

サイズも・書体も・色使い・情報・価格も

ほとんど同じなのですが、違いは、

色合い:高橋(明るい赤と青)、永岡(シックな赤と青)

紙質:高橋(オフホワイトでザラっと)、永岡(白でツルっと)

旧暦:高橋(記載あり)、永岡(記載なし)

月の形:高橋(満月新月半月のみ)、永岡(全日に記載)

次の年の1月:高橋(あり)、永岡(なし)

などなど。

まとめ

どちらのカレンダーの紙もしっかりとしていて

書きやすくて使い勝手は同じ感じです。

 

載っている情報の微妙な違いで選ぶか、

見た目のデザインの微妙な違いで選ぶか。

でしょうか。

 

私はこれからどちら派になろうかなと考えてみました。

うーん。しいて言うなら、

最近、息子が宇宙とか天文に興味を持ちだしたので、

月の形がすべての日に載っている

永岡カレンダー派でしょうか。

本日のつぶやき

10月の初めに植え付けた苺(とちおとめ)、

 

花が咲き始めました。

ハウスじゃなくて、露地栽培な家庭菜園なんですが、

こんな時期に咲いていいのでしょうか?

春に咲くイメージだったのですが。


ツイッターでブログ更新情報を配信中!無言フォローどうぞ♪


comfortable life - 心地よい暮らしのために - にほんブログ村

旅行はいつも楽天トラベルで予約してます。

ポイント大量ゲット!

記事の内容で質問ありましたら、この下のコメント欄からお気軽にどうぞ。

Twitterでフォローしよう