自宅で初めてマスの塩焼きバーベキューをしました。

そのときにわかったコツなどを紹介します。

焼き始める前に

さて、今回調理するマスは、

昨日紹介したつりぼりで釣ってきたものです。

ワタはつりぼりで処理してもらっています。

 

まずは、自宅のキッチンで下ごしらえです。

流水でよく洗って、

酒(調理酒)を振りかけます。

そして、キッチンペーパーで水分をとってから、

粗塩をたっぷり振りかけます。

 

長い串を刺します。

45cmのものを使いました。

 

焼くときのコツ

1時間以上かけて焼くので、

普段のバーベキューの時よりも炭の量を少なく、

そして、炭から離して焼きます。

 

普段網を置く位置よりも10cmぐらい高い位置に

針金を3本張りました。

最初は、↓のように2本だけ張ったのですが、

ひっくり返そうとすると、重心の関係で

くるっと元に戻ってしまったんです。

 

なので、真ん中にももう一本張って

安定させてみました。

さかなをたまに回していろいろな方向から

じっくりと1時間ほど焼きます。

ポタポタと落ちていた水分も出なくなって、

全体的に乾燥してきます。

 

1時間ほどじっくり焼いたらでき上がりです♪

表面に付いた塩を落として食べてください。

そのまま食べるとしょっぱすぎますよ。

やっぱり炭火で焼くと美味しいですね。

お酒も進みます♪

本日のつぶやき

裏庭に植えてあるミョウガ、

葉っぱが枯れてきたので片付けました。

すっきり。

ここ、裏庭なのに夏は日当たりが良くて

あまりいいミョウガができませんでした。

今年中に別の場所に移植予定です。


ツイッターでブログ更新情報を配信中!無言フォローどうぞ♪


comfortable life - 心地よい暮らしのために - にほんブログ村

旅行はいつも楽天トラベルで予約してます。

ポイント大量ゲット!

記事の内容で質問ありましたら、この下のコメント欄からお気軽にどうぞ。

Twitterでフォローしよう