一般的に、玄関って暗くありませんか?

今まで、実家・親せきの家・友人の家などに

お邪魔する機会がありましたが、

 

9割ぐらいの確率で玄関はちょっと暗いです。

(逆にモデルハウスの玄関は明るいことが多いですね)

 

私が今まで住んでいた家も

南側に玄関があるのに暗かったんです。

 

玄関のWeb内覧会も4回目ですが、

 

今回は明るい玄関にするために

私が工夫したことをお話したいと思います。

玄関の位置

玄関が南にある方が明るいと思います?

でも私の経験上、そんなことありません。

 

今まで住んでいた家も実家も

南に玄関があるのに暗いんです。

 

玄関の東西南北の位置はあまり関係なく、

その他に暗さの原因があると思いました。

 

玄関の位置は関係ないということで、

道路などの関係上、玄関は北西になっています。

北風を防止するために西向きです。

大きい窓を付ける

玄関を明るくするのに真っ先に考えるのが

大きな窓を付けることです。

 

今まで見てきた暗い玄関には窓が無かったり

あっても小さかったのを覚えています。

 

ですから、私は窓を付けました。

東側の上の方に幅120cm高さ70cmの引き違い窓です。

和風な家を目指しているので障子を入れましたが、

障子は閉めていてもちゃんと明るいのでいいですね。

 

そして、下にはさらに地窓(FIX窓)を作りました。

二つ合わせるとかなり明るいです。

ドアからの採光

玄関ドアにガラスが入っていると

明るくなりますよね。

 

私は全面ガラスのドアを選びました。

LIXILの断熱玄関引戸k3シリーズ「やまと」です。

玄関ドアにガラスを付けると

防犯上あまりよろしくないみたいなのですが、

防犯ガラスだし格子が付いているから大丈夫かなと。

 

ドア自体も大きいのでこちらもかなり明るいです。

壁・天井・床の色

ここまでで、窓やドアからかなり

外の光を取り込むことに成功しました。

 

最後に内装の色です。

 

色は、もちろん、白!

光を反射しますから白は明るくなります。

 

なので、私は漆喰で真っ白の壁にしました。

(玄関だけじゃなくて、ほとんどの部屋が漆喰ですが)

 

壁以外も白い方が明るくていいのでしょうけど、

天井・床・下駄箱・柱などは無垢材です。

無垢材って最初は薄茶色だけど

だんだんと色が濃くなって暗くなるんですよね。

 

入居する前はこの無垢材部分の暗さが

心配だったんですけれど、

窓とドアからの光でかなり明るいので大丈夫そうです。

断熱性

高気密高断熱の家なので、

外壁には合計200mmの断熱材が入っています。

 

窓やドアなどのサッシも断熱性の高いペアガラスです。

でも、いくら断熱性能のいいサッシでも、

壁と比べたら断熱性は

あっても無きがごとしなんですよね。

 

つまり、明るさを重視して大きなサッシを

たくさん付けると断熱性が非常に悪くなるんです。

 

私が作った玄関はたった3畳の部屋ですが、

東と西のほぼ全面がサッシになっていて、

かなり明るいです。

 

でも、それと引き換えに

冬寒く、夏暑い玄関になってしまったんです。

玄関を引き戸で仕切る

そこで、私が考えたのが

玄関をドアで仕切ってしまうこと。

玄関の南側に引き戸を付けました。

 

明かりを通すように

「大阪格子」っていう和風の引き戸。

玄関から見ると格子ですが、

廊下側から見ると障子です。

建具屋さんの匠の技ですね。

もし、玄関の断熱性が悪いせいで

寒かったり暑かったらこれを

閉めておこうって思ったんです。

 

玄関は通り過ぎるだけのものですから、

(玄関で井戸端会議をする予定はないので)

玄関だけが暑くても寒くてもいいでしょう。

 

むしろ、暖かい家の中から寒い外に突然出たときの

ヒートショックを玄関で緩和できるかもしれません。

引き戸の運用

では、実際に入居して3年、

この引き戸をどのように運用しているか紹介します。

 

まず、夏の昼間は開けっ放しです。

(引き戸なので開けっ放しでも邪魔になりません)

 

なぜかと言うと、夏は吹き抜け上のエアコン1台で、

24時間なんちゃって全館空調しているんです。

西日が当たって玄関も少し暑くなるんですが、

戸を開けている方が玄関も涼しくなって快適です。

冷房効率もそれほど変わらない感じですし。

 

でも、夏の夜は閉めています。

理由は虫の侵入を防ぐためですが。

(虫対策についてはまた別記事で紹介しますね)

 

で、冬の寒い時はこの戸を閉めています。

やっぱり、暖房効率が気になりますし。

 

それに、戸を閉めておけば、

玄関ドアを開けたときに

冷気が玄関ホールでストップして

部屋の奥まで侵入するのを防げます。

 

当初想定していた役割を果たしてくれて一安心です。

まとめ

以前住んでいた家の玄関は窓が小さくて、

床も壁も天井もこげ茶色で昼間でも暗かったんです。

 

暗い方が落ち着いた雰囲気で好き

っていう人も多いと思いますが、

私は明るい玄関にしたいと頑張りました。

 

私がやった工夫は、

窓やドアから光を取り入れて、

その光を白っぽい色の内装で反射させること。

そして、悪くなった断熱性は玄関を仕切って

隔離することで対応しました。

 

窓・ドア・仕切りなどは間取りの都合上

採用するのが難しい場合もあるかと思います。

 

そんな時は、壁・床・天井になるべく

白っぽい色使うと明るくなりますね。

 

それも難しい時は、

人感センサーライトで明るくしちゃいましょう!

(今回の私のお話がかなり無意味になりますが。)

 

さて、次回のWeb内覧会は

玄関の照明についてお話したいと思います。

人感センサーライトです…

本日のつぶやき

ちょっと厚手で暖かそうな、L字型の靴下です。

 

冬キャンプで履こうかと思っていたのですが、

 

さっそく履いてみました。

 

暖かい部屋の中で履いていると

じんわりと温かくなって、むしろちょっと暑いくらい。

そのまま寒い外に買い物に出たら、

むちゃくちゃ快適!

冬、普段使いにするのにもいいかも。


ツイッターでブログ更新情報を配信中!無言フォローどうぞ♪


comfortable life - 心地よい暮らしのために - にほんブログ村

旅行はいつも楽天トラベルで予約してます。

ポイント大量ゲット!

記事の内容で質問ありましたら、この下のコメント欄からお気軽にどうぞ。

Twitterでフォローしよう