更新情報を配信中!無言フォローどうぞ♪


タイル張りのお風呂、

床はリクシルのサーモタイルです。

タイトルの、「ヒヤっとしない」っていうのは、

ヒヤっとした冷たさが無いという意味と

足が滑ってヒヤっとしないという意味をかけてみました。

床面のタイル

サーモタイルは、

熱伝導率が低くて、

表面がざらざらしているのが特徴。

 

色々な種類があるのですが、

リクシルのサーモタイル公式ページ

私が選んだのは、こちら

和風の家を目指しているので、

一番和風っぽいと思ったのが理由です。

汚れやすさ

水アカや石鹸カスが付いて

白くなってしまうことを覚悟していたのですが、

(リクシルショールムのスタッフの人も

白くなる可能性が高いと言っていました)

3年経ってもとてもきれいな状態です。

まあ、石鹸カスが付くことを恐れて

お風呂では石鹸系のものは

使っていないんですけどね。

それでも、水垢もつかずに優秀です。

冷たさ

もちろん、ヒヤっとした冷たさはありません。

誤解のないように言っておくと、

決して温かいわけではないです。

壁面の普通のタイルと床面を手で触ってみると

冷たさが違うという程度です。

滑りにくさ

ものすごく滑りにくいです。

だって、ものすごくザラザラしているんですから。

 

足の裏は皮膚が厚いので

このタイルの上に立っていても痛くありませんが、

タイルの上にヒザを付くと

ちょっと痛いというレベルでザラザラ。

 

でも、本当にこのタイルにしてよかったって思います。

実家(築30年)のお風呂の床は

一部が普通のタイルなのですが、

冷たいし滑るしとっても危険なんですよ。

 

そうそう、注意してほしいことが1つ。

お風呂には椅子があったりしますよね。

そして、足の部分を洗おうとしたとします。

ひっくり返してお風呂の床に置くと、

床のザラザラで椅子の座面が削れて

ザラザラになります。なりました。

(下の写真は床に付けずに手で浮かせて撮影)

手桶の底もザラザラに。

床にやすりが付いていると思ってください。

 

ちなみに、手桶はホームセンター(カインズ)の製品で、

椅子はこちらの高さ30cmのものと35cmのものです。

高さが選べて、安定感があって、座り心地もよくて

そして白いのもポイント。

お風呂アイテムは白で統一したいので。

壁面のタイル

壁面や浴槽周りのタイルは、

リクシルのイルフォンド

下の方は、黒色で、

上の方は、クリーム色です。

こちらもやっぱり、

石柄が和風っぽいという理由で選んでします。

ただ、浴室はホワイト・ブラック・シルバーで揃えているので、

クリーム色じゃなくて白にすればよかったかと

プチ後悔することがあります。

 

このタイルを選んでいたのが寒い時期で、

白すぎると寒々しいかと思って

クリーム色にしたんですよね。

そして、プチ後悔するのは夏。

冬になると温かみのあるこのクリーム色で

よかったと思うので、

まあつまり、どっちでもいいってことですね。

タイルの掃除方法

何回も紹介していますが、

うちのお風呂には黒カビがでません。

 

でも、タイル目地のところに

ピンク汚れが発生することがあるので、

月に2回ほどバスマジックリンをスプレーしています。

詳しくは以前の記事を見ていただくとして。

 

スプレーする以外には、

月に1~2回ほど

お風呂で白髪染めをしている待ち時間に

床をブラシでこするぐらいです。

 

白髪染めについてはこちら

 

たったこれだけしかお手入れしていないのに、

3年経ってもきれいな状態を

保っていられるのは自分でもビックリです。

 

お風呂のWeb内覧会もPart4まできましたが、

まだまだ続きます。

あと3~4回くらいかな。

本日のつぶやき

年を取ってくると

健康に気を付けだしますよね。

ウォーキングとか始めちゃったり。

ハイキング

私は最近、家族をまきこんで

ゆるーいハイキングに

出かけることが多くなりました。

暑いときは標高の高い涼しいところへ、

涼しくなってからは平地の方へ。

そして、最近は平地でも寒くなってきました。

手袋

寒い日のハイキングにおススメの手袋。

なんと、手袋を付けたままスマホを操作できます。

それも、かなり快適な操作感。

 

これは男性用ですが、女性用の小さいサイズもあります。

 

昔、使っていたスマホ対応手袋は

反応がイマイチだったんですけど、

技術の進歩でしょうか。お値段でしょうか。

 

親指・人差指・中指の先に

特殊な加工がされているみたいです。



ツイッターでブログ更新情報を配信中!無言フォローどうぞ♪


記事の内容で質問ありましたら、この下のコメント欄からお気軽にどうぞ。

こちらの記事も読まれています